相手の安心と信用を掴むのがセフレへの第一歩

 

 

 

 

 

 

 

はじめまして。

 

パコマン・サンコンです。

 

セフレっていいよね!

 

皆はどうやって作ってる?ん?

 

作り方がわからないって?それは大変だ!

 

じゃあ今からセフレの心理とメカニズムを解説するから、しっかり研究してみてくれ!

 

今回はネットで出会ってセフレを作る立ち回りにスポットを当ててみた


 

 

 

 

 

 

 

そもそもセフレを望む女性はいるのか?

 

真面目な恋愛しか経験が無いと、『セフレってホントにできるの?』と思うかもしれない。

 

しかし、女性は男のように感情を丸出しにする事が少ないだけで、相当なセックスずきが多く存在する。

 

 

ネットでは特に、女性からセックス好きを公言してしまうと、色んな男が寄ってきてしまう為、これを本能的に隠しているだけだ。

 

 

女性がサイトに『セフレめちゃ欲しい』と思って登録する事はあまり無いだろうが、仲良くなったらセックスしてしまう女性はたくさんいるので、ここをどう導くかという問題だけである。

 

 

 

 

 

ネットの出会いがセフレ作りにいい理由

 

 

男であれ女であれ、知人に噂が流れるのは非常にやっかいだ。

 

 

特に地元であれば、浮いた噂がひとたび流れてしまうと、家族や友人関係に話が広がるのは時間の問題となる。

 

 

飲み会・合コン・ナンパ

 

これらは知人と地元で行う事が多い為、知り合っても自分の行動にセーブをかける事が多いはず。

 

 

しかし、ネットの出会い系サイトやアプリで知り合うと、よっぽど田舎の地元で会わない限り、二人の関係を知る物は存在しない。

 

 

相手に対しても、家族に対しても、自分の情報は嘘つき放題なのだ。

 

 

コンパや飲み会での出会いと違うメリットは、この横の繋がりを断絶できるという事が大きい。

 

 

 

 

セフレになる女性の心理

 

 

男性がセフレを作りたいのは、『やりたいから』

 

 

女性がセフレになってしまうのは、『その男性への依存』

 

 

男性はまず、美人ブサイクの判断は個人差があるとしても、女性の容姿を受け入れなければ、セックスしたい感情があまりわかない。

 

 

しかし女性は、容姿はある程度判断基準とするが、セフレになってしまう場合『男性の人物そのものに依存』している場合が多い。

 

 

リアルな出会いでは男女共に仲良くなるまで『本当の感情』を抑えるが、ネットの出会いにおいては、男女共にエッチ全開に早い段階でなる場合は多い。

 

 

しかしだからと言って、女性は男性と違い、二つ返事で会ったりセフレになったりという事はほとんど無い。

 

 

男性はセフレ作りでマッチングサイトを始めた場合であっても、まずは友達として食事する事を前提に話を進めなければならない。

 

セフレと言うのは、女性に『セフレになろう』というのではなく『いつの間にかそんな関係になっていた』という流れに持ち込むのが基本である。

 

 

そこには女性のプライドを崩し、依存へと導く、合理的な心理作戦があった。

 

 

 

 

セフレへの導き方

 

まずこちらの写真を見てもらいたい。

 

 

 

 

 

こちらはよく出会い系アプリの広告にある、男女のやりとりをPRした一枚。

 

 

しかし実際には、こんな都合のいい展開で会える事はまず無い。

 

 

これで会えるのであれば、援交やパパ活等の金銭が発生している場合のみ。

 

 

男のプロフや写真に一目ぼれして、なおかつ、くそエロい女であれば、男からの

 

 

「すぐ会ってみない」

 

「セフレにならない?」

 

 

というアプローチに一瞬で落ちる場合があるが、これはまれなパターン。

 

 

基本的にセックスが大好きな女性であっても、得体のしれない男に身体を提供する事はまずなく、セックスしたいだけなら風俗で働くだろう。

 

 

ではどうするか?

 

 

 

 

サイト内でマッチングして会話で仲良くなったら、まずは『LINEや電話友達になろう』とする事。

 

 

そしてネットの出会いにおいて、長期的なセフレへ繋げるには『身体目的で近づいてはならない』という事。

 

 

まずは飲み友達や遊び友達として仲良くなる事が大事だ。

 

 

サイト内で仲良くなる場合は、Hトークはせず、会った時にすればいい。

 

 

エッチができるHズキ女子ならば、あせらずとも会って仲良くなればその日中に結果はついてくる。

 

 

電話ならともかく、メッセージでのエロトークは、その男性を良く理解していない女性から見ると『気持ちわるい』と感じてしまうからだ。

 

 

頭の中はチンポとマンコでいっぱいになっていても、仲良くなるまでは『楽しい男の中に紳士さを持つ男性』を意識する事。

 

 

いきなりのHトークは『変態』の判定を受けてジ・エンドである。

 

 

会うまでのプロセスは、他の記事で解説しているので省くが、

 

 

マッチングサイトやアプリで実際に会った場合、2回目も会ってくれれば、確率は飛躍的に上昇すると考えて良く、むしろこの『2回目も来る、または初回で2次会(2軒目)まで付き合ってくれる』という状況が作り出せれば、確定的と思っていいかもしれない。

 

 

女性はH大好きであっても、いきなりセックスするのを拒むのは、安い女だと思われたくないプライドがある為。

 

しかし

 

飲んだりドライブしたりの簡単なデートであっても、男性にやたら優しくされたり、気の利いた行動をされてしまうと、いつの間にか心を開き、身体の関係を許してしまう事が多い。

 

 

そして重要なのは、初めてセックスに持ち込めた時。

 

ただセックスするだけでなく、テクや愛情で満足させ、友達以上の気遣いや計らいをしてあげる事。

 

 

ここで自分だけ満足してしまうセックスは、『身体目的』、要はヤリ目と判断され、関係が終わってしまう可能性が高い。

 

 

彼女でもないのに気を使われ優しくされた女性の心理は、『大事にされている・特別に扱われている』と変化してゆく。

 

 

そしていつの間にか女性は『友達以上恋人未満、でもエッチはする関係』になっている。

 

 

要するにセフレ。

 

 

こうなると、男性が既婚であろうが彼女がいようが、

 

『秘密の関係』として会ってくれるようになる。

 

 

だが女性には『セフレ』というフレーズは使わないようにするべきだろう。

 

 

 

 

 

 

狙う女性タイプと注意点

 

 

 

 

 

@フリー

 

A彼氏持ち

 

B既婚

 

 

どの女性でもセフレへの発展は有る。

 

 

狙う場合、各タイプの特徴と注意点は以下の通り。

 

 

 

@独身フリー

 

 

このタイプの女性は、セフレになっても恋人のような関係を求めてくる可能性が高い。

 

 

セフレ男性への依存度は高く、LINEや電話はやや多めとなる為、それなりにまめな付き合い方をする必要性がある。

 

 

女性はセフレという自覚があっても『付き合っている』という感覚で来るので、簡単な破局は難しくなる。

 

 

まれに限界突破して複数人セフレを作っている女子がいるが、このタイプであれば、あっさりしたセフレ関係となれる。

 

 

 

 

A彼氏持ち

 

関係はさっぱりしており、セフレとして一番適していると言える。

 

 

『彼氏がセックス下手・性欲が無い』

 

という女性に多く、会う時以外のまめな連絡は必要無い。

 

 

あくまでも彼氏第一という感情を持っており、セックスを器用に割り切るタイプの女性なので、浮気しているという罪悪感は無い。

 

セフレ男性への依存度が低く、破局時にこじれたりトラブルになることはまず無いと考えて良い。

 

 

注意点として、若い女性はこのタイプでもさっぱり付き合えるが、年齢が高い女性の場合は、彼氏から乗り換えてくる場合があるので、恋人未満をキープしたい場合は、距離を保つ等の計算が必要。

 

 

 

 

B既婚者

 

このタイプも、家庭を持っている為、会う時以外は余計なやりとりをしなくていいので、あっさりと付き合える。

 

 

依存度も非常に低く、逆に連絡を入れてはいけない時間は厳守する等の気遣いが必要。

 

 

ただこのタイプの最大の注意点として、旦那に関係がバレた場合への対処法を考えておかなくてはいけないという点である。

 

 

お互いが既婚であればダブル不倫で『あいこ』なので問題ないが、自分が独身で既婚者と関係を持つのは危険である。

 

 

万が一この状況になった場合の対処法は、こちらの記事の中で解説しているので参考にしてほしい。

 

 


↑ 既婚者がマッチングサイトで遊ぶコツと注意点

 

 

 

 

 

 

各サイトの紹介と出会うコツの記事一覧はコチラ

 


↑ マッチングサイトで会うコツと特徴

 

 

 

 

【まとめ】セフレ作り

 

 

 

本当はエッチ好きな女性であっても、ネットで出会う場合は、メッセージで最初からエロトークやセフレ希望をしてしまうと、まず取り合ってくれないんだ。

 

逆に相手女性からのエロトークやセフレ希望も、業者の可能性を疑ってかかった方がいい。

 

まずはお互い安全な人物だという事を見極め、仲良くなる事が先決だという事なんだ。

 

そして男性が快楽を求めるように、女性も満足を求める。

 

それは快楽だけじゃなく、愛情も求められるって事だね。

 

ネットでセフレを作る場合でも、一言二言では決まらないってことさ。

 

じゃ、僕は童貞なのでシコって寝ます。ほな


このページの先頭へ戻る