結婚していても様々な方法と対策で出会う

 

 

結婚して数年経つと、嫁にも子供にも相手にされずに、ひっそりと仕事をするだけの男性は多い。

 

 

そんな寂しい既婚者でもバレずにこっそりネットやアプリで会う方法を解説する

 

 

 

 

 

 

アプリで出会うメリット

・紹介・合コンのように友人関係から、身内に噂が広がる事が無い。

 

 

・ナンパのように、『バレない対策』で遠出する必要が無い

 

 

・身分を隠せば、音信不通にした段階で関係が遮断される。

 

 

・知人を挟まない為、自分の過去や秘密が相手に漏れる事が無い。

 

 

・内気な人でも、会う時にキャラを変えれば『昔から楽しい明るい人』で通る。

 

 

普段は出会えない若い子や同じ既婚者と知り合える

 

 

 

 

 

連絡手段の対策

 

 

 

 

今時メールは使わないので、基本的にはラインまたはカカオの交換となる。

 

 

LINEの注意点

・アイコンに見られたくない写真を設定

 

・タイムラインに個人情報を投稿

 

・家族がライン通知に敏感

 

以上に当てはまると、まだ信頼できていない相手に、『ラインを教える』のをためらってしまうと思う。

 

 

LINE交換はする場合は、家で着信がまずい場合は通知をオフにするなり気を付けよう。

 

 

 

LINEの代わりのアプリ

 

 

金がある人は、『遊び用スマホ』でもう一台持つに越したことはない。

 

 

しかし、普通は1台でラインのアカウントも1つ。

 

 

そこでもう一つの無料通話チャットアプリ

 

 

カカオトークを使う。

 

 

これは、ほぼラインと同じ機能を持っているので

 

 

『サブアカツール』として便利。

 

 

もちろん無料で使用できる。

 

 

 

※カカオに関しての説明はコチラ参照

 


 出会いサイト必需品?無料のカカオトークとは?

 


 LINEとカカオの使い分け方と使い分け理由

 

 

 

 

 

 

 

既婚者オススメアプリ

 

 

 

 

既婚の場合に一番恐れるのは『身バレ』

 

 

年齢や、写真はできるだけ偽装できるアプリが良い。

 

 

有料系の出会いアプリ

 

・PCMAX

 

・ハッピーメール

 

・YYC

 

 

この辺りのアプリは、

 

 

『年齢がサバ読める』

 

 

『写真が少し不鮮明でもイケる』

 

 

といった感覚があるのでオススメできる。

 

 

 

 

 

タップルのような年齢確認が厳しいアプリ

 

 

 

有名なサイトでは『タップル』もあるが、コチラは

 

 

 

・『提出書類と同じ生年月日』を登録の段階で、運営に照合されサバ読み不可。

 

登録も厳しくプロフの変更ができない。

 

・暇つぶしで会う気のない女性が多い。

 

・『はっきりした鮮明な写真』がゲットへの明暗を分ける。

 

という特徴があるので、あまりお勧めではない。

 

 

以下の老舗のサイトは、年々出会いサイトのサクラと業者への監視が強化され、かなりクリーンになった。

 

 

コロナによる家での出会いも普通になり、2020年にかなり女性ユーザーの急増が進んだ

 

 

 

 

ログイン率が高く、誘い待ちも多い

 

ハッピーメール

 

 

 

ひとりごと、アポ待ちの機能で会いやすい

 

PCMAX

 

 

 

 

幅広い年齢層から支持される

 

ワクワクメール

 

 

 

 

 

 

出会い方攻略の記事はコチラ

 


↑ PCマックスの会いやすい機能を実践

 


↑ ハッピーメールの登録と会うコツ

 

 

 

 

 

 

無料の出会いアプリ

 

 

運が左右したり時間がかかるが、頑張れば会う事も可能。

 

 

テクニックは必要である。

 

 

・ひまトーク

 

・かまちょ+

 

 

無料アプリは

 

・写メやプロフも適当

 

 

・年齢認証無し

 

 

なので、気楽にできるが、有料に効率は圧倒的に劣る

 

 

こちらも出会う気の無い『暇つぶしユーザー』がとにかく多く、有料のように出会い目的のユーザーを探すだけで疲れてしまう。

 

 

サクラというより女になりすました男のデリヘル業者はかなり多い。

 

 


地域も検索できないので、かなり時間がかかり運も必要。

 

 

有料に少し課金して出会った方が確実と言える

 

 

 

 

 

 

 

 

既婚男性の立ち回り

 

 

 

既婚者男性は家庭を持っている『安全性』が売りなので、これを好む女性もいる。

 

 

しかし、普通は独身の方が成功の可能性は高い。

 

 

既婚であると、まず攻め方は考えておかなくてはならない。

 

 

 

@年齢をサバ読み独身で通す

 

 

A年齢と既婚は隠さず勝負する

 

 

と方法はある。

 

 

 

@の場合

 

メリット

 

・若い女性でもゲット確率は上がる

 

・独身のような恋愛ができる

 

 

デメリット

 

・容姿にかなり気を使わなければならない

 

・嘘をつきとおすメンタルが必要

 

 

 

Aの場合

 

メリット

 

・既婚年上好き女子にハマれば手堅い

 

・家庭を理由に言い訳がきく

 

 

デメリット

 

・既婚を受け入れてくれる人探しに時間がかかる

 

・嫁にバレた時に、相手を攻撃する可能性があるので、対策が必要。

 

 

 

 

 

出会って遊ぶ時の対策

 

 

 

・家の近くの場合は目撃情報の噂を避けて夜に遊ぶ。

 

・アリバイを協力してくれる友人を作る

 

・車に女の匂いを消すスプレーを完備

 

・相手が既婚者の場合は対策する

 

既婚者である場合は多少は考えて遊ばないとならないが、事前に把握して対策しておけば問題ない。

 

 

 

 

 

 

相手が既婚者の場合の対策

 

 

 

 

これは自分が独身だろうが既婚だろうが、

 

 

相手が既婚者の場合に取る対策。

 

 

万が一の時に慌てないように、頭に入れておけば危険を回避できる。

 

 

 

 

 

『独身』を名乗ったライン送らせる

 

 

 

何回か会って親しくなってきたら、

 

 

「LINEの中での会話は『独身』て事にしてね」

 

 

と伝えて、LINEに以下のような文章を送らせ、履歴を残しておこう。

 

 

 

 

 

 

 

これを行う事によって

 

 

相手の身内から申し立てられた時に

 

 

独身と思って付き合った』

 

 

と対抗する事ができる。

 

 

 

 

『相手の身内による脅し』への対抗策

 

 

お互い既婚者と認識した状態で付き合っていた場合は、

 

 

実質お互いの過失なのであいこ

 

 

対策を取っていたとしても相手の身内に脅される事もある。

 

 

この場合は、落ち着いて切り替えそう。

 

 

 

 

お互いのパートナーからすれば

 

 

『お互い様』の状態では裁判するだけ無駄

 

 

だと言ってやろう。

 

 

浮気や不倫での裁判もあるが、簡単に弁護士に頼める金額でもない。

 

 

実行されるにはよっぽどの過失実績の照明が必要なはずだ。

 

 

 

 

 

 

【まとめ】既婚者のアプリ利用方

 

 

・メリットはうまくコッソリ使えば、ナンパやコンパよりバレにくい

 

 

・知人でアリバイ協力してくれる男性がいるとより良い

 

 

・ラインが家族メインの場合は対策が必要

 

 

・有料無料は経済状況を考慮して選択する

 

 

・既婚者特有の注意ポイントは、あらかじめ対策しておく。

 

 

 

 

 

 

 


このページの先頭へ戻る