出会いアプリ食べ放題

ネットの出会いとリアルな出会いの違い

 

 

マッチングアプリ、出会い系アプリと言ったいわゆる

 

『ネット上での出会い』

 

 

職場や学校で出会う

 

『普通のリアルな出会い』

 

 

この2つには出会い方の他に大きな違いがある。

 

 

それは

 

 

『1回目のデート時での力加減』

 

 

 

*まともに恋愛・婚活の場合の分析であって、

 

 即会い・セフレ等の一気に勝負をかける手法は参考外

 

 

 

リアルな出会いの特徴

 

 

 

誰でも経験がある事だが、職場や学校で好きになって、相手をデートに誘う場合には、

 

 

・容姿が実体として把握できている

 

 

・雰囲気を感じ取る事ができる

 

 

・性格がある程度わかる

 

 

初回のデートと言えど、この状態からスタートする事になる。

 

 

よって、デートのアポが取れた場合には、

 

 

『エスコートと内容を充実させる』

 

 

という事に集中すれば、発展の可能性は高い。

 

 

 

ネットでの出会いの特徴

 

 

 

基本的に初回デート時に把握できている事は

 

 

写メを1枚〜数枚交換

 

 

・音声通話で声と、相手のわずかな性格

 

 

・情報だけの身長体系

 

 

この程度。

 

 

テレビ電話や複数枚の写メ交換

 

 

を何回も行っていれば、精度はもっと上がるが、

 

 

まずやっているユーザーは少ないだろう。

 

 

この為、

 

 

『デートの内容より、初対面の瞬間』

 

 

に第一関門が待ち構えている。

 

 

 

 

『初のデート』の行動

リアルな出会いの場合

 

 

リアルな出会いの場合、お互いがもう容姿をわかった上で、デートを行う。

 

 

よって男性は、女性の時間が許す限り楽しんでもらおうと、数か所のデートコースを計画する。

 

 

この女性を連れて色々行きたい』

 

 

『この男性に色々連れて行ってもらいたい』

 

 

と、思いデートをする。

 

 

要するに1回目のデートから全力でプランを立てられるのが

 

 

『リアルな出会い』の立ち回り

 

ネットの出会いの場合

 

 

1回目のデート、すなわち『初対面』

 

 

なんだかんだ気になるのがお互いの『容姿』である。

 

 

写メを何枚か交換して、

 

 

『事前にお互いが十分納得』

 

 

していれば問題ない。

 

 

しかし中には、

 

 

写メに少し抵抗がある』人もおり

 

 

相手の容姿確認が不十分での対面

 

 

となる事が少なからずある。

 

 

要するに、

 

 

『初対面時の印象』

 

 

がお互いクリアできないと話にならない

 

 

のがこの『ネット恋愛』のミソ。

 

 

 

性格が合えば容姿は気にしない』

 

 

と言う人が果たしてどの程度いるのか?というレベル。

 

 

もし事前に

 

 

「会ったら遊園地行って、レストラン言って、夜景見よう」

 

 

なんて言ってしまい、

 

 

実際会ったらイメージと違ってテンションがガタ落ち

 

 

となっては苦痛しかなくなる。

 

 

 

 

 

相手側も同じで、

 

 

こっちはイメージ通りで嬉しいけど

 

 

なんか相手がテンション下がってる・・・

 

 

という状況になると、当然デートは楽しめなくなる。

 

 

 

ネットの出会いで
容姿が不安な場合は
初回を『プレデート』とする

 

 

 

ネットで会う場合は、

 

 

『事前にテレビ電話や写メ交換が、納得のいくまでされている』

 

 

場合を除き

 

 

会う時間は、2時間程度に設定しておいた方が無難である。

 

 

 

まずは『顔合わせ』程度に時間を留めておき、

 

 

実際に会って、お互い納得が行けば

 

 

『もう少し時間大丈夫なら○○行こうよ』

 

 

という形にしたほうが良い。

 

 

お互いLINEトークや通話でもり上がってしまうと、相手の容姿をどんどん美化してしまい、会ってもいないのに、デートプランが膨らんでしまう。

 

 

自分がテンション下がっても、その人に1日中付き合えれば良いが、あまりにもイメージが違うと実際厳しくなるのが現実。

 

 

『初回から1日のデート』

 

 

を計画するのは

 

 

相手の容姿をどれだけ知っているか』

 

 

を判断基準にすべきだろう。

 

 

短時間デート【顔合わせ】のオススメ場所

 

 

 

会った時の相手の評価が

 

 

100点満点だった場合と30点未満の赤点だった場合

 

 

両方を想定した場合

 

 

・居酒屋

 

・カフェ

 

・ドライブ

 

 

といった所が無難な候補となる。

 

 

テーマパークやショッピングモールは、赤点の場合にキツくなる。

 

 

映画はそもそも会話ができない。

 

 

上記の中でも、『カフェ』は個室が無いので、

 

 

2人の空間が作りやすい

 

 

『居酒屋』か『ドライブ』

 

 

がオススメ。

 

 

これらは、

 

 

相手が赤点であったら早めの切り上げ

 

 

相手が100点であっても楽しむ事ができる

 

 

『ネットの出会い』での初回デート

 

 

ときたら、この2択でよかろうかと。

 

 

詳しい内容はコチラの記事参照

 

初デートで居酒屋は鉄板説

 

女子に惚れてもらうドライブデート

 

 

初回の印象を挽回する可能性

 

 

ネットの出会いにおいて

 

 

『初回のデートで印象がイマイチだった場合』

 

 

の継続率は、非常に悪くなるとうデータがある。

 

 

要は、1回目の顔合わせで、どちらかが気に入らないと、2回目のデートへ繋げる事のできる可能性は一気に減ってしまう。

 

 

これを『押し』や『性格』で挽回するのは、少し厳しい状況になると心得ておこう。

 

 

 

【まとめ】デート時間

 

・仕事場・大学・高校等のリアルな出会いと違い、ネットの場合は初回デートを『顔合わせ』『軽く飲み』程度として、短い時間設定をした方が良い

 

 

・短く設定しても、対面時にお互い好印象が確認できれば、時間を延長して攻める事

 

 


・オンラインゲームで出会っても、写メ交換無しで出会った場合は、警戒レベル高。

 

 

・経営者や社長、医者のように金持ちの場合は、相手がお金だけで受け入れてくれる場合が高い。

 

 

・一晩限りの恋のように、セフレ即会いで容姿を気にしない場合は、この攻略は対象外。

 

 

・ネットで一目惚れしても、会うまでは警戒を解かず、実物でショックを受けても寝込まない事。

 

 

・現代のプリクラは、精度が非常に高く、別人が来るのであてにしない事。

 

 

 

ひとりごと、アポ待ちの機能で会いやすい

 

PCMAX

 

 

 

 

幅広い年齢層から支持される

 

ワクワクメール

 

 

 

10代20代前半が多い

 

YYC

 

 

 

 

 

 

出会い方攻略の記事はコチラ

 


↑ PCマックスの会いやすい機能を実践

 


↑ ハッピーメールの登録と会うコツ

 

※この他の出会い攻略法と体験談はトップページより


このページの先頭へ戻る