有料系の出会いアプリの特徴

 

有料(課金)系の出会いアプリについて、メリット デメリットを解説します。

 

出会えるマッチングアプリと言えば有料がメインとなるが、無料と比べてやはり利点は多い。

 

あまり利用しない人だとピンと来ない違いをまとめてみた。

 

 

メリット

 

ライバルが少ない 

有料アプリにおいて、男性は基本的に課金しなくてはメインの『メッセージ送受信』をする事ができない。

 

この為、逆に無料のような激戦となる事が無く、女性に来るメッセージも限定される。

 

女性に来るメッセージがある程度限られていれば、返信の可能性も上がるという事。

 

相手のプロフが詳しくわかる

男性も女性も有料アプリでは、プロフィールの設定をより詳しく求められる。

 

よって、女性のプロフもなかなか詳しく記入されている事が多く、性格や身長等もある程度把握する事ができる。

 

無料アプリのように年齢不詳だったり、アニメのアイコンだったりという事は少ないので、メッセージ交換をする時には写真や趣味性格等をそれなりに把握できた状態でスタートできる。

 

出会いを求めている確率が非常に高い


無料アプリになると、『暇つぶし』や『チャットが趣味なだけ』のユーザーも多く散見され、この中から『出会いを求めている人』を見つけるのが大変だったりする。



しかし有料はさすがに、男も女も出会いを目的として登録している人が大半な為、「暇つぶしなので私はリアルに会いません」とか言う面倒な女性と当たる事は少ない。

 

デートや交際前提で話を進められる為、話が早い時はトントン拍子で会って遊べる。

 

禁止ワード等が無く、アプリ内での電話番号交換も当然可能


有料アプリは出会い系の届け出をしっかり出して運営している為、当然アプリ内での出会いは可能でLINEや電話番号交換も可能。

 

サクラや業者でなければ、LINE交換くらいならすぐ応じてくれる女性も多い。

無料アプリのように『メッセージ内でLINE交換は禁止』等の注意事項は無い。

 

 

 

 

 

×デメリット

 

初心者だと登録に手間取る事がある

 

慣れていれば問題ないのだが、有料はどのアプリも『届け出をしっかりして運営している』為、児童や業者を登録させないように、ユーザーにもきちんと身分証明を求める。

 

れは要するに、運転免許証等の書類を写メに撮って承認を得たり、プロフをある程度しっかり記入する事が必要という事。

 

初めて使う人は抵抗があったり面倒だったりするが、全員やっているので気にせず登録してよい。

 

 

それなりに課金が必要で、コツがわからなければいくら金をかけても会えない

 

アプリによっては少量の金額でも会う事ができるが、実績のある有名アプリはポイント購入にそれなりのお金もかかる。

 

かし、キャッチフレーズや噂話だけ信用しても、『誰でも簡単に会える』という保障はなく、やはりリアルな恋愛や出会いとは違うテクニックが必要となる場面も多い。

 

詳しいプロフィール作りをする為、個人情報に抵抗が出てしまう事も。

 

プロフには写真登録の他に趣味、容姿などの項目もある。

 

相手の状況も把握できて良いのだが、知人や身内にバレたら嫌だなと少々抵抗が出てしまう人も多い。

 

しかしこれは、相手に魅力を伝えつつ身内バレを防止する特別な方法もあるので、対処可能な問題だ。


このページの先頭へ戻る