出会いアプリ食べ放題

アプリ内でマッチングして40分

サクラ絶対ゼロ宣言!<18禁>

 

 

即会いと言っても援交や売春でもない限り、数日間メッセージや電話で仲良くなってから会うのが普通。

 

 

しかし互いのノリが合うと、

 

 

「今から会おう」となる事もある。

 

 

 

今回は、僕が今までネットの出会いをしていて、

 

 

『家で出会ってから最短で挿入』

 

 

した記録を時系列で追う。

 

 

 

 

仕事終わりの夜

 

 

その日は平日で次の日も仕事だったが、

 

 

アプリを何個かポチポチやっていた。

 

 

 

 

 

 

 

22時10分 女子スカウター オン!

 

22時過ぎでちょっと眠くなってきたが、

 

 

ハッピーメールをちょと覗いてみる。

 

 

 

掲示板を見ていると、

 

 

怪しい業者っぽいのがいたが、

 

 

脳内の『本物女性スカウター』

 

 

が緻密にゴミ女ユーザーを排除してゆく。

 

 

 

 

そしてそっけなく

 

 

『暇です』

 

 

とコメントしている女性にターゲットを絞った。

 

 

 

 

 

 

コイツで勝負だ!

 

 

プロフ写真は

 

 

劣化版『きゃりーぱみゅぱみゅ』

 

 

みたいだったが、寝る寸前なので悩まなかった。

 

 

 

しかし次の瞬間、

 

 

ポイントが残り少ないことに気づく。

 

 

数週間前に5000円買ったポイントが尽きる寸前だったのだ。

 

 

『これはアプリ内でメッセージ長引いたら終わりだなあ』

 

 

と思い、

 

 

『賭け』でのメッセージに考えを切り替える。

 

 

※ちなみに以下の写真はサクラや業者の典型な例。

 

 

 

普通の女性は

 

 

『遊びたいから私の写メ見ろ』

 

 

というアピールはしない。

 

 

 

 

 

 

22時20分 メッセージ 発射!

 

『賭け』とは

 

 

返事が来なくなる覚悟で連絡先を聞く事。

 

 

『この女子は重くなさそうだから、暇つぶしで電話に応じてくれるかもしれない』

 

と考えメッセージを送った。

 

※重い=プロフが『真剣な恋人や結婚募集』である事

 

 

 

逆に、

 

 

軽い男無理』と言われて

 

 

即終了かもしれないが、

 

 

ポイントが無い今はこれしか道はなかった。

 

 

 

そう、作戦は

 

 

『いきなり電話番号の交換をする』一点だ。

 

 

 

 

 

 

 

相手に『真剣さ』が無いと逆に、

 

 

電話の交換くらい

 

 

ならすぐ応じてくれる時があるのだ。

 

 

電話がOKになると、

 

 

話が一気に進む可能性を秘める。

 

 

 

『よし、今日は電話してLINEまでゲットして寝よう』

 

 

そう心に誓う。

 

 

 

もちろん真剣な恋愛や結婚を考えている人・出会い慣れていない人には、こんな軽いノリはまず通用しない。

 

 

 

22時30分 電話で仲良くなろうのコーナー

 

 

なんとか運良く少量のポイントで連絡先交換に成功。

 

 

早速電話をかける。

 

 

わし「もしもし。キミも寝れないの?」

 

 

(劣)きゃりー「んーてか今日まじひまー」

 

 

わし「んなこたぁない!」

 

 

 

これは夜遊びしたいギャルだな、

 

 

と思ったが眠かったので世間話をだらだらする。

 

 

 

22時37分 話が変な展開に動く

 

 

電話で会話をしていると、

 

 

・家が車で10分程度

 

・彼氏なし23歳

 

・Mでエッチは好きな方

 

・連休で暇

 

 

という女性の実態が見えてきた。

 

 

眠気が冷めて息子も起き上がっていた。

 

 

そして、

 

 

わし「今から遊ばない?」

 

 

言ってみた。

 

 

(劣)きゃりー「いいけど何する?」

 

 

わし「ドライブとかエッチとか」

 

 

(劣)きゃりー「はー?(笑)」

 

 

 

 

確信!

 

 

この、女の「はー(笑)」

 

 

でセックスできる事を確信した。

 

 

次の日仕事とかはどうでも良かった。

 

 

そそくさと着替えてエンジンをかけ、女のもとへ夜の街を颯爽と走り抜けた。

 

 

 

22時47分 進軍!

 

 

 

夜の街は道も空いていた。

 

 

その疾きこと風の如く

 

 

そのモジャモジャたること林の如く

 

 

興奮すること火の如く

 

 

勃起すること山の如し!

 

 

『風林火山!』

 

 

 

22時55分 チェックイン

 

 

 

彼女と合流はコンビニだった。

 

 

人が少ないのですぐわかる。

 

 

(劣)きゃりー「すごいホントに来たんだ(笑)」

 

 

さすがにワイの迅速さに驚いていた。

 

 

わし「よろー。ドライブするか」

 

 

(劣)きゃりー「うん。ホテルならあそこにあるよ」

 

 

 

 

 

もう直行で良いらしかった。

 

 

美人局されたら腕の一本くらいへし折ってやるわ。

 

 

展開が早すぎうますぎたが、

 

 

目の前に迫っているタダエッチに、

 

 

危険と快楽を天秤にかける判断は無かった。

 

 

あまり考えないでホテルへ直行し、無事チェックインを終えた。

 

 

 

 

23時00分 突撃

 

 

ラブホへ着くとお風呂に一緒に入る。

 

 

劣化版きゃりーは美白で肌がもちもちしていて、

 

 

いつのまにか合体していた。

 

 

 

AVで

 

 

『出会って5分で合体』

 

 

と言うタイトルがあったが、

 

 

『ネットで出会って40分くらいで合体』

 

 

できた。

 

 

その後、ベッドで朝まで2セット行ったが、かなり出会い慣れている女だな、と思った。

 

 

 

報道陣の質問に対し、劣化版キャリー氏は

 

 

『今まで何人か会ったことあるけど、こんなに早く会ったのは初めて』

 

 

と答えている。

 

 

実際彼女も僕も、

 

 

いくらおおよその地域がわかっている

 

 

とはいえ、ここまで近いとは思わなかった

 

 

 

結局、

 

 

美人局も騙しも無く平和なまま彼女と別れ、

 

 

そのまま何食わぬ顔で会社に出社した。

 

 

 

何故かそれは、その一度きりで冷めてしまい、その後も連絡はぼちぼちしていたが二度と会う事はなかった。

 

 

オフパコタイムアタックを終えて

 

 

一晩限りの恋といっても、

 

 

良い思い出として胸に残るのは、

 

 

それまでの人情的背景があっての物。

 

 

ネットで一瞬意気投合してセックスしても、

 

 

人間的信頼や感情は乏しく

 

 

風俗にも似た侘しさを感じた。

 

 

 

あくまでも

 

 

プロフやアイコンがそれなりに登録できていれば

 

 

であるが、

 

 

お金を課金してポイントを使うのが厳しい場合

 

 

は、暇つぶしの電話友達と称し

 

 

『いきなり電話・ライン・カカオに誘い出す』

 

 

が有効となる場合もある。

 

 

ハピメ・PCMAX・YYC

 

 

といった有料アプリは、会員登録後の




年齢認証や身分証明の認証




で多少時間がかかるので、




即会い狙いの場合、事前準備は必須。

 

 

アクセス状況やログイン状況は表示されるが、

 

 

位置情報はお互い隠す事や偽る事

 

 

ができるので、

 

 

女性の正確な所在はメッセージや電話で聞き出さないと真意を掴めない。

 

 

 

ログイン直後の

 

 

『足跡』『いいね』

 

 

はフェイクなので追いかけてはならない。

 

 

 

即ハメ即パコと言えど、女性からタダで簡単にやらす美女はいない。

 

 

あくまでもアプローチは自分から。

 

 

 


このページの先頭へ戻る