出会いアプリで男とタッグを組み、女子を落とす戦略

 

 

出会い系アプリで女性とデートする時に、

 

 

かっこ良く車で迎えに行く

 

 

という事も良くある光景だ。

 

 

しかし若い時などお金に余裕がなかったりすると、

 

 

車どころかデート代でギリギリ

 

 

なんて事も良くあるはず。

 

 

僕も20歳そこそこの時は、まだ仕事も始めたてでお金も無く、もちろん車も未所持で、家賃と少しの遊び金で生活しながらネットの出会いに没頭していた。

 

 

今の有料出会いアプリは、男同士や女同士でのメッセージ交換が不可能な物もあるが、僕が当時やっていたサイトは、同性でもメッセージのやりとりができたサイトだった。

 

 

それは丁度梅雨が明けようかという7月下旬頃、一人の女子大生と仲良くなりLINEをしていた。

 

 

 

 

その子は6月にアプリで知り合っておりLINEも写メも交換済、電話も何回かしていた仲で、『今度遊ぼう』という所まで来ていた。

 

 

ただ一つ問題があったのは、彼女の会う条件に『一人で会うのは嫌。女友達を連れて行くから2対2で会おう』という条件が付いていた事だった。

 

 

僕は出会い系アプリやサイトをやっているのをリア友に言えなかったので、いつもネットでの出会いは一人で会っていた。

 

 

んー困った。もう一人の男はどうしよう・・・

 

 

さらにその女子大生の家は結構田舎だったので、車でデートしないとかなり厳しい土地なのではないかと考えていた。

 

 

うおー。なんとか会いたい

 

 

ここで諦めてはなるものかと僕は、出会いアプリで『女の遊べる子募集』をかけている男達に片っ端から絡んで行った。

 

 

『男ですが話しませんか?』

 

 

『こんにちは、男ですが相談乗ってもらえませんか?』

 

 

といった具合でメッセージを送るが、シカトか暴言メッセージが帰ってくるのがほとんどだった。

 

 

まあ男からすればそうだよな〜

 

 

と途方に暮れていると、一人の男から返事が来た。

 

 

『いいですよ。俺で良ければ話そう』

 

 

おー神だ。

 

 

彼は僕より少し年上で家もそれほど遠くなかったので、全てを話して相談した。

 

 

1.このサイトで仲良くなって会える女子がいるが、2対2の合コンスタイルを指定されていて、一緒に行ってもらえないか。

 

 

2.土地柄的にも車が無いと、遊ぶ時に移動が大変な為、車を出せないかどうか。

 

 

3.近いうちに男同士で一度会っておきたいのだが可能か。

 

 

全ての項目を承諾してくれ、3日後にカフェでその男性と会うことになった。

 

 

そして3日後に約束通り彼は来てくれ、コーヒーを飲みながら出会いについて色々トークした。

 

 

 

 

もちろん彼もネットで遊べる子を探しているようだったので話が早く、車も快く出してくれるようだった。

 

 

僕はすぐさま女子大生に連絡し、『2対2で今度遊ぼう』と言って日程を決めた。

 

 

ちょっと異例な展開ではあるが、なんとか戦いの準備は整った。

 

 

彼にも楽しんでもらわないと、というプレッシャーも多少あったが、女子大生とは電話で何回も話した感じだと、かなり気が合うから大丈夫だと確信があった。

 

 

「では当日楽しみましょう」

 

 

男性と固く握手をしてその場を別れた。

 

 

そして当日は予定通り男性と合流し、車で彼女達の待つ街へとシコシコ向かうのだった。

 

 

 

 

彼女達と合流すると、すぐ自己紹介をして、意気投合した。

 

 

彼女の女友達は少し緊張しているようだったが、男性に車まで出してもらったので皆が仲良くなれるように、この瞬間はかなりトークを頑張った記憶がある。

 

 

ドライブで海→ラウンドワン と周り

 

 

駅の近くに駐車して居酒屋→カラオケと楽しく続き、仕事ではありえないくらいの段取りとリーダーシップを発揮している自分がいた。

 

 

この時にはすでに、お酒が入り2:2でカップルみたいないい状態になっていた。

 

 

 

 

あまり期待していなかったラブホでの決戦まで行く勢いで、心地よい歌声の響くカラオケBOXの中、皆も股間も盛り上がっていた・・・

 

 

 

男とのタッグ まとめ

 

このパターンは異例な状況であるが、狙いを女子だけに絞るのではなく、たまには同性と会話してみると、同じ考えで出会いアプリをやっている奴が多く、色々情報交換できたりして新鮮である。

 

 

誰しもネットでの出会いは一人でコソコソやるのが楽しかったりするので、2対2で会おうと言われたら断ってしまう人も多いと思う。

 

 

しかし慣れてない女性からしたら、ネットの男と出会うのが怖いのも確か。

 

 

色々な角度から切り崩す戦略を考えるのも、ネット出会いの醍醐味かもしれない。


このページの先頭へ戻る