SNSや出会いアプリにいるキャバ嬢は早朝が多い

 

 

出会った経緯

 

 

その日は眠れず朝までゲームをしていたのだが、

 

 

朝5時頃にようやく睡魔がやってきて

 

 

ベッドに入りスマホのアプリを見ていた。

 

 

 

すると、一人の女の子が『暇だから電話しよ』

 

 

とコメントを出していた。

 

 

この時この子は、

 

 

プロフに写メもロクな情報も載せておらず、

 

 

20代という以外は未知数な状態だった。

 

 

 

僕は眠いし返事を期待していなかったが、

 

 

適当に『電話しませんか』

 

 

くらいのそっけないメッセージを送った。

 

 

すると、あっさりOKがでて電話番号を教えてきた。

 

 

ここで、

 

 

『超美人な写メや怪しい自己紹介文』

 

 

であれば、僕の『業者レーダー』が反応しシカトするのだが、

 

 

逆にプロフがシンプルすぎて素人感バリバリだったので、

 

 

二つ返事の電話番号交換も『ありえる』と確信した。

 

 

相手の容姿はわからんが軽く電話くらいいいだろう、

 

 

と思いさっそく電話をかけた。

 

 

相手「もしもし」

 

 

女の声だ。男ではなくて良かった。

 

 

声も20代前半くらいだな、と感じた。

 

 

電話で話して色々聞いていると、

 

 

21歳のキャバクラ嬢でエリという名前、

 

 

仕事が終わって暇だから出会い系アプリをしていた、

 

 

という事だった。

 

 

結局朝の5時〜7時過ぎまで電話で話していて、寝ずに会社に出勤した。

 

 

次の日から明け方に電話がかかって来るように・・・

 

 

 

 

次の日はいつも通り、夜の12時頃に就寝した。

 

 

すると明け方の4時半、

 

 

昨日のキャバ嬢エリから着信が入った。

 

 

僕は何事かとビックリして寝ぼけながら電話に出てしまった。

 

 

電話の内容は

 

 

『仕事が終わって寂しいからかけた』

 

 

であった。

 

 

うわ〜今日も仕事なのにマジかよ、

 

 

と心の中で思った。

 

 

そして『明け方の着信』はその後も2週間程続いて、

 

 

僕は完全に就寝時間と起床時間がおじいちゃんのようになっていた。

 

 

何故か毎朝電話に出るクセがついてしまっていたのだ。

 

 

その2週間の間に

 

 

エリの顔も気になっていたので写メも交換したが、

 

 

やはりキャバ嬢だけあって可愛く見えた。

 

 

男慣れはしているようで、

 

 

何回も『仕事終わったから今から会いに来て』

 

 

と言ってきた。

 

 

出会いアプリの女性の中でも、

 

 

まだ会ったことない男をこんなに積極的に誘うのは稀なパターンである。

 

 

もちろん僕も出会いアプリヘビーユーザーなので、

 

 

相手が積極的になっている原因が何なのかピン来る。

 

 

今回は完全に、エリが落ちていた事を確信できた。

 

 

毎朝電話に出てあげたり、

 

 

相談に乗ったりしていたので、好意を感じているなと思っていた。

 

 

 

 

会って交際に発展したが

 

 

アプリで出会ってから3週間程経過して、

 

 

初めて会おうという事になった。

 

 

いつもなら僕は、

 

 

仕事が終わってからでも時間が合えば、

 

 

初対面だろうと速攻で会いに行くアクティブさ

 

 

を持っていたが、

 

 

今回は相手がキャバ嬢でフル出勤しており

 

 

夜から朝まで勤務中。

 

 

ようやくお互いの休みを合わせて飲みに行く事ができた。

 

 

この時は会う前の電話の頻発さからも、

 

 

僕としてもかなり感情が入っていたので、

 

 

セフレや友達ではなく普通に付き合う状態まで持っていってやろうと考えていた。

 

 

そして初回の居酒屋デートの後ラブホへ泊り、交際が始まった。

 

 

 

 

キャバ嬢との交際は楽しいけど大変

 

キャバ嬢全てがというわけではないが、

 

 

とりわけエリはエッチ好きであったように思う。

 

 

色々なリクエストに応えてくれ、ドレスやコスプレHもしてくれた。

 

 

キャバのドレスでセックスできたのは、

 

 

なんとなく『キャバ嬢特典』みたいな感じがして良かった

 

 

 

 

 

しかし楽しい事ばかりではない、

 

 

半同棲状態になっていたので

 

 

、明け方に帰ってくることが多いエリは、

 

 

僕を起こしてファミレスに付き合わせた。

 

 

キャバ嬢は仕事が終わった朝は腹が減るのだそうだ・・・

 

 

一人で行けよと何度も言ってやろうと思ったが言えなかった。

 

 

そして食事が終わると家に帰って部屋着でさっさとオヤスミタイム。

 

 

僕の睡眠時間を削った事による罪悪感は特にないらしい。

 

 

 

 

やはり夜職と昼職が付き合うと、

 

 

色々と合わせるのが大変だと感じた。

 

 

キャバ嬢も普通の友達と時間が合わなくて寂しいんだろうなと思う。

 

 

交際は長く続かなかったが、

 

 

出会いアプリにしては勉強になったしいい出会いをする事ができた。

 

 

 

 

【まとめ】キャバ嬢とアプリで仲良くなるには

 

 

 

キャバクラという夜職をメインにやっている女性は、

 

 

より時間が不規則なので、

 

 

仕事が終わる朝4時〜6時頃

 

 

にアプリやチャットに出現し、

 

 

本音でトークしてくれるキャバ嬢が多いのもこの時間帯。

 

 

夕方頃もいたりするが、

 

 

仕事前にそわそわしている時は、

 

 

メッセージの返信が遅かったり返ってこなかったり不安定になる。

 

 

恋愛や出会い目的で出会い系サイトやアプリをやっている子

 

 

が多いわけではないが、

 

 

ネットで出会ったキャバ嬢でも、

 

 

リアルな友達や恋人、セフレに発展する可能性は十分ある。

 

 

ネットで出会った人を客にしよう

 

 

という嬢はほとんどおらず、

 

 

嬢が好意を抱いて来てくれれば、

 

 

逆にお店の名前は教えてくれない。

 

 

よって「お店に来て」と言ってきたら

 

 

良い方向への発展は疑ったほうが良い。

 

 

キャバクラ嬢は客商売の為、

 

 

常に容姿にも気を使っていて綺麗な人が多い。

 

 

よって、写メ交換するに越した事はないが、

 

 

唯一写メ交換が無くても会って良いジャンルだと言える。

 

 

キャバクラでは数回通ってあげて落とす、

 

 

というキャバ嬢システムだが、

 

 

アプリで出会い『お客』という枠に入らないで

 

 

友好を深めていく事ができれば、

 

 

お店に通うより早くモノにできるかもしれない。

 

 

 

このページの先頭へ戻る